一定期間更新がないため広告を表示しています

ちょっとした用事があり、大阪の朝日新聞本社ビルへ行きました。
ついでに同ビル内にある「朝日カルチャーセンター」に立ち寄りました。
そこのチラシ掲示ラックを見て「キチガイか・・・」と呆れました。


朝日お薦めの映画4本のうち3本が韓国絡み映画
続きを読む >>
保守県政の腐敗に業を煮やした県民の支持を受け、見事宮崎県知事となった
そのまんま東こと東国原知事。
鳥インフルエンザに揺れる県産地鶏の宣伝と検疫対策の相談のため上京。
知事として東京でビューを果たした東国原知事だが、
その前に実は韓国ドラマデビューを果たしていた

これは、1995年SBSで放映され韓国で大反響を呼んだ『菊と刀』のワンシーン

特亜情報に精通している方々には既に有名で、今更説明も不要なネタではありますが
未読の方のために説明いたしますと・・・
上記写真は、野平俊水韓国のなかのトンデモ日本人において取り上げられていた韓国ドラマです。その一部を抜粋して紹介します。

(ストーリー)
新宿で右翼の論客が殺害される。容疑者として浮上したのは在日韓国人のカナオカ韓国人女性記者ユーは、国選弁護士で帰化韓国人キノシタに再調査を依頼。二人の努力により、カナオカの無実は証明されるが、帰化韓国人キノシタは右翼の自爆攻撃により死んでしまう。以上引用

上の画像は、犯人に間違われた在日韓国人カナオカが日本の大衆文化を批判する場面(と言うか、作者の考えかたを代弁)
頭のおかしい奴らを集めて出演させているようだ」というセリフで
東国原知事らが出演したテレビ番組が紹介される
最後になって、取ってつけたかのような突然の事故の描写で幕を閉じるこの映画。
あの事件を知らない、そして日本韓国以外の人が見れば「ぽかーん」となってしまうでしょう。単に「突然、いい人が死んでしまって、なんだかかわいそう」というだけの、何を言いたいのかよくわからない変な映画でしかありません。

この作品は「特殊」です。
実名を使用し、まだ記憶に新しい実際の事件を描き、それを「売り」としながら、実質は作り話(フィクション)だからです。

作品の脚本・監督である花堂氏は
「実話に基づき、織り交ぜながらも、ドキュメンタリーではなく、(主人公の)を浮き彫りにするための『フィクションを書き上げることに決めた」と言っています。

つまり、この映画は韓国人の主人公だけを描いた「作り話」であり、しかも日本側は不在なのです。
テレビ始め、各種メディアが「日韓の架け橋」「真実に迫る物語」と喧伝しながら、根本は主人公(韓国側)中心ののフィクションになっています。


実名を使用するのは、ノンフィクションの作法
(と言っても、本人の了解が必要)
ならば、中立の立場から重要なファクターをできるだけ正確に盛り込まなければなりません。

フィクションにするなら
基本的には、登場人物の名前や、出来事、場所といった基本的な設定を作り変えなければならない
それがノンフィクション・フィクションの基本的な作法です。
その基本的な約束事に則っとっていないこの作品の作られ方には
このような重大かつ意図的な過ち」がある訳です。
1月26日の3流芸能ニュースを、解説つきでわかりやすく説明します。

ヨン様が年収43億円の9割日本で稼ぐ  日刊スポーツ
(日刊スポーツ…別名「日韓スポーツ」とも言われる、創価学会の息のかかった新聞メディア)

 韓国俳優ぺ・ヨンジュン(ペヨンジュン語録 註釈:1の2005年の所得が、329億ウォン(約43億3293万円)に上ったことが25日、分かった。そのうち9割が、日本での収入によることも判明。あらためて日本でのヨン様人気を浮き彫りにした。
(つまり日本でしか需要がないということ。ヨン様などともてはやしているのは世界中で日本のマスコミだけという異常事態。実は、本国でもアジアでも全く人気が無い。註釈:2・3 参照)

中でも所得の8割が俳優業以外だという。所属事務所によると、最も多かったのが、イメージキャラクターを務めるロッテ(オーナーは在日韓国人)セコム(朝鮮系帰化人池田大作を教祖とする反日宗教団体創価学会系企業。註釈:4 参照)の広告のロイヤリティーで約19億5000万円。

ゲームやCDの肖像権が約16億円に上るという。また、ヨン様人気に火を付けた「冬のソナタ」関連の収入総額は、04年から3年間で約86億6000万円に上った。
(「冬のソナタ」…日本のメデァコントローラー「電通」が仲介。註釈:5 参照)

 所得のうち、97億5000万ウォン(約12億8407万円)を所得税として納付。一部で韓国芸能人トップの納税額と報じられた。
 日本の芸能人と比較すると、高額納税者が最後に公開された04年度では、歌手宇多田ヒカル(24)が納税額3億6595万円(推定所得9億9600万円)、俳優・タレント部門みのもんた(62)が同2億101万円(同5億5000万円)でトップだった。
(ほらヨン様はこんなに大スターですよ、という見え透いたメッセージ)

 ちなみにハリウッドスターでは、トム・クルーズは映画「宇宙戦争」で1億ドル(120億円)、キアヌ・リーブスは映画「マトリックス」2作品で2億ドル(240億円)を稼いでいる。
(ハリウッドの名を出すことにより、あたかも比肩する存在であるかのようなイメージを与えようとしている)


※当ブログ記事・東国原知事、韓国ドラマに出演していた?
もご参考の上お読みください。

激務&体調不良明けで、家でゆっくり休んでいたのだけど・・・テレビを見てると更新すべきネタが漏れて来る・・・
本当に何とかならんのか
マスコミの韓流延命のための悪あがき

昔、とっくに死んでいてミイラ化してる死体に対して
「生きている。鼻から出てくるウジは行者ウジだ」と言っていたライフスペースというバカ宗教があったが、今の表マスコミはまさにそれだ。

1月の3週目あたりからのテレビは異常だった。
とにかく関係ない所に、不意打ち的に韓国関連情報を潜り込ませるのだから性質が悪い。

私が直接見たものと、他のブログなどの報告の中で、放送日時が確認できた番組のみを拾ってみた

1月16日 日本テレビ「スッキリ」
         ・グッチ雄三、ごま油まみれのチゲ鍋を作る

           ・韓国で納豆が大ブーム。大久保の料理屋オッサンが
            納豆は韓国起源と、根拠の無い「ウリジナル」を主張。
続きを読む >>