8月16日の「報道ステーション」を何となく見ていたら、驚くべきバカを目撃してしまった。

尖閣諸島に、香港などの活動家が不法上陸したニュースで コメンテーターとして呼ばれた高橋源一郎である。

以下、その顛末である。

香港の活動家らが尖閣に不法上陸した問題について古館は高橋にコメントを求めた。

すると

高橋「どうでもいいことなんですよ、領土問題なんて」

スタジオの空気が一瞬固まる。

高橋「今大変なのは、福島原発です」

その後、高橋が語ったことを要約すると・・・

今一番困ってる大変なことは福島災害なんだから、そこに集中しろ。領土問題など構っているな、という主旨。

順序が逆ですよ。
福島が大変で、しかも民主党政権下で政治が不安定な時を見計らって中国とか韓国とかロシアが侵略しに来ているからである。

歴史を振り返ればだいたい同じ事が起きている。

ある国が、政治的に混乱してる時や災害等で疲弊して、外に向けた注意が弱まり、国土防衛に全力を注げない時に そのタイミングを狙って侵略に来るのである。

日本で言えば、竹島も北方領土もそうやって奪われたのである。

背中を向けてスキだらけになってるから、背後から蹴りを入れられている状態なのに・・・
全く歴史というものを理解していない。

これではさすがにダメだと思った古館が、コーナー〆前に、起死回生のチャンスを高橋に与える。

古館「先ほど仰られていた『どうでもいい』ということですが

     それはつまり、もっと知恵を出せと言っておられるように思うんです」

高橋「そうなんです。もっと知恵を出さなければいけません・・・

    残念ながら、この問題は我々には解決できませんから

    次の世代にまかせましょう」

結論・・・「問題先送り」  ( ゚Д゚)ポカーン

領土問題も、経済問題も、社会保障問題も、

先送りが原因で、今のこの事態に陥っているのに・・・である。

政府の先送り対応への批判を、報道ステーションで散々指摘してきた古館の立場は...。

再び変な雰囲気のままコーナーは〆られ、CMへ。

..............................................

鳩山元総理といい、どうしてインテリを売りにしている人の中に、こうやってルーピーが紛れ込むのだろうか。

さすがにもう番組には呼ばれないだろう。

------------------------------------

←よろしければポチっと

二代目ルーピー:高橋源一郎

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。 明治学院大学教授。出身は広島県尾道市。日本テレビ放送番組審議会委員。

高校時代より無党派のデモに参加。1969年、灘高校を卒業し東京大学に行く予定だったが、 東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、横浜国立大学経済学部に入学。 しかし、大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。 同年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕・起訴され、東京拘置所で半年を過ごす。 その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。横浜国立大学は除籍となった。

ちなみに・・・
元妻は  室井 佑月 (2001年に離婚)
室井も、政治信条に関しては革新寄りであり、
憲法9条改正や核武装に対して否定的な考えを持っている。
また、自民党政権に対してもテレビなどのメディアで厳しく批判することが多い。
一方で、日本共産党に関しては「人々のためになっている」と評価している。

今回の騒動は
「制度の欠陥を悪用して税金を盗んだクズ野郎」
「制度の欠陥を問題提起した政治家」

そんなの、どっちが悪いか考えなくても分かるよね。
という話である。
ところが・・・


5月25日の
読売テレビ「ミヤネ屋」河本準一擁護は凄まじかった。
[ 出演者:宮根誠司、川田裕美 ガダルカナルタカ 森永卓郎 嵩原安三郎(弁護士) 春川正明(読売テレビ解説委員)駒井千佳子 ]


内容をまとめると・・・・容疑者


河本準一
 →認識が甘かっただけで不正じゃない。 いい人。


片山さつき
国会議員が強権を振るった。悪いヤツ。


特に問題だった件は・・・

騒動の経緯をミスリード。

(コーナー中盤)
宮根「問題の経緯あらためてご説明します」

パネルを出し、説明文を読み上げ始める川田アナ
川田「最初に報じられたのが、週刊誌女性セブンが
   『年収5000万円人気芸人 母に生活保護』と報じました。
  この時はまだ、河本さんの名前が出てはいなかったんですが
  今月2日に入りまして、自民党の片山さつき議員がブログで
  河本さんの名前を出して
  『不正受給疑惑の調査を依頼した』というふうに明かしました」

宮根「突然(河本の名前が)出てきてビックリしたんですが」

つまり
ミヤネ屋のパネルの説明では・・・

先月…女性セブンが匿名で報道
  ↓
5/2 …片山さつき議員が突然実名を明かす

ということで、あたかも片山さつき議員が
初めて実名を暴露したかの印象を受けるような伝え方をした。

しかし事実は違う。

同日放送 TBS「ひるおび」の説明を引いておく

女性誌で匿名報道 
  ↓
ネットサイト「サイゾー」が実名記事 
  ↓
ホンダが広告から削除
  ↓
片山さつき議員がブログで言及

片山議員が生活保護と財政問題の担当議員であることも説明

これが実際の経緯である。

読売テレビは、明らかなミスリードだ。
その後の片山さつき叩きの伏線が引かれていたと思わざるを得ない。

ブログもネットニュースも同じネット媒体なので
ネットニュースは見逃したけど、ブログは確認しました、というのは考えにくい。


河本準一の発言を全面肯定で大擁護大会

これに関するやり取りを具体的に挙げておく

河本の会見映像を流した後、
苦労時代等をまとめたVTRを感傷的な音楽をバックに放映いらっとする

宮根「何度も深々と頭を下げる河本さん、
  誠実に会見したという印象がボクはあるんですけど」

タカ「状況をきちんと説明して、真摯に対応していたな、
  というのが第一印象ですし(中略)
  悪質な不正自給をしていたという認識はほんとになくて、
  何度も自分で謝っていましたけど、
  ちょっと甘かったと言ってるとおりだと…ボクは思いますね」

宮根「大阪時代から僕よく知ってますけど、
  次長課長ってものすごく面白かった
  なかなか関西でも、これだけ面白いのに売れない。
  大変苦労した時代があって、
  それで東京進出して、東京でもなかなか売れなくて、
  ここに来てドーンと売れた。(中略)
  芸人さん、いまだにバイトして月数万円という方が
  年齢を問わずいらっしゃる。
  で、次長課長も、ある日突然売れたんですね。」

次に,脳匆陲靴織僖優襪鮖箸辰同筺垢伐亘寨文

その後、
弁護士の嵩原氏がサラリと言ったことが、実は重要な点だった

「まさに道義的な問題なんですね
 今回、お母さんの治療費という話も出ていましたけど
 仮にそうだとして
 生活保護受けてる場合は、これ(治療費)も無料になるんですね
 そうすると生活保護打ち切られるということになりますと
 それも含めて20万30万といったお金が(仕送りで)かかってきますから
 それだけを河本さんが、毎月確実に仕送りをするという約束をしなければ
 (生活保護が)続く
ことになるんですよね

この重要なことを、
パネルなしの口頭でサラっと言い終わらぬ前に宮根が遮ってしまう。
「不正疑惑」を持たれる重要な要素について、
視聴者に冷静に考えるスキを与えないスタンスを疑ってしまう。


河本、計算ずく疑惑

上記の点を読み解くと、
河本は負担金を天秤にかけたのでは?という疑惑が出てくるのである。

生活保護費の最低支給額は13万
援助の額がそれに満たない場合、生活保護は継続され
そこから援助額を引いた額が支給されることになる。

お買い上げ
仮に生活費=最低支給額(13万)とする

●生活保護を打ち切る場合
母の治療費が仮に一月5万。
+生活費13万として、
計18万を河本が負担することになる


●生活保護を続ける場合

最低支給額が13万だから、それに満たない額(仮に10万)で援助を止めておけば
仕送り10万(これで生活保護継続になる)
そこに、3万円が保護費から支給され、治療費5万も保護費から支給される
差し引きすると、
計2万の負担で済む

他の親族の面倒も見ていたということが美談めいて伝わっているが
同じ面倒であっても
「全額仕送り」と
「一部仕送り残りで保護費継続受給」とでは、全く違った話になる。

この重要な話を遮って、宮根が森永に話を振る

森永「河本さんは、私の横にいると、
  『森永さん、ここでこうつっこむんだよ』とか…
  私芸人でもなんでもないのに
  本当に丁寧に教えてくれて、
  芸能界にこんなに親切な人は他にいないっていうくらい
  本当にいい人なんです。凄くマジメで誠実な人なんで、
  私は河本さんの性格からすると、きちんと福祉事務所の人と話をして
  マジメにやってたんだろうなと思うんですよ。
  私は正直言って、叩かれすぎてかわいそうだなと思ってしまう」

宮根がさらに援護
宮根「僕なんかも一緒に番組やると、
  『宮根さん、僕がここでこう振りますから、宮根さんボケてください』
  って言ったりですとか、
  非常にそういうことでは慕われている芸人さんなんですね
  ま、これと今回の問題は関係ないんですが

本当に全く関係ない話であるw。
でもそれをメインに喋っているの目的は何?と勘ぐってしまう。


片山さつき議員叩き

春川「今回ね、福祉事務所の方とずっと相談しながらやってきたという
  ここが今回のポイントだと思います※
  ちょっと気になるのがね、いくら国会議員といえどもね
  不正受給疑惑ということで書いて個人の名前を書いて
  ブログで書くというのは、私はちょっと、国家議員という
  自分の力を自覚して、もっと慎重にやるべきだと思いますよ」

この発言もおかしい
 「ミヤネ屋」ではカットされているが
 デイリースポーツの記者と河本の弁護士との間に以下のやり取りがあった

デイリー「生活保護は毎年確認しているわけではなく、
      3回だったということですか?」

弁護士 「原則毎年だが、認識として直接の話は数回のみだった。
      コレ以上は福祉事務所に迷惑がかかる。
      ちゃんとできていなければ我々の認識の甘さ」

宮根「まぁこの会見でいろんなことがわかりましたし、タカさん、
  河本さんはもう一回何か面白い笑いを提供してほしいですよね」

という言葉の後、タカの社交辞令的コメントで、コーナーは閉められた。


その後、片山さつき議員の会見報道
片山「とてもじゃないけど、これではマジメに働いて税金納める気がしない
  というような類型がたくさん来ているので、
  こういった類型をキチッと閉じていくような法改正を
  自民党が他党に先駆けて打ち出したい。
  河本さんも弁護士の方とすごく打ち合わせて会見されたなと思うのは
  『認識がなかった』と何度もおっしゃっておられた。
  認識があって悪質だとペナルティーに行きますよ。
  ただご本人はそういうことではなくて
  『ただの無知だった』『不注意だった』とおっしゃっておられて
  無知で不注意が本当ならば、
  ペナルティまではしなくていいケースかもしれません」
  「返納されるというのは大きいですよね。
  つまり、過去に戻って本来困窮者でなかったので
  返納するわけでしょ」

それを受けての森永のコメント
森永「プライバシーの問題もあるので、不正受給という言葉を貼って
  個人名を出してということが、政治家として正しかったのかというのは、
  もう一回考えないといけないと思いますよ」

春川「いくら有名人だからと言って、
  『不正受給疑惑』とブログに書いて出すというのは
  これを取り上げてもらって自民党の政策を進めるのにいい結果に
  なるんじゃないかと思われても仕方がないやり方ですけどね」

国会議員のブログなど無視すればいいではないか
同じネット媒体でネットニュースとか散々無視してるし
同じ国会議員でも、こんなブログも会見も無視しているではないか

韓国、「日本海」の呼称で不穏な動き!「東海」を併記するよう要求
>自民党の新藤義孝衆院議員は19日、自民党本部で緊急会見し、
>「韓国の主張には全く根拠がない」といい、その理由を語った。
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/61594cf04634bf328fd1032a29c652c8
http://www.shindo.gr.jp/


片山議員は、いろいろネットねたでスカを掴まされてきたが
今回に限っては当たりだったのでは。

最後に100万
河本準一の会見を見た個人的な雑感ですが・・・


言葉を選んで地雷を踏まないように喋ってるヤツは
全く信用できない
。(横に弁護士もいたし)
何もやましい所がなければ、丸腰で来て
具体的な数字を出して、すべてを詳らかにすればいいだけのことである

あの会見を見て聞いて
納得したようなフリしてるヤツは、所詮「身内」でしかない。

←よろしければポチっと

吉本と読売としては
これで河本の禊は済んだ、というつもりだろう。
完全に世間をナメてるとしか言い様がない。 

前回、中身は「普通のおじいちゃん」と看破いたしました防衛大臣
今度は行方不明になったそうで・・・

これでは徘徊老人と同じです。
 映画「ロボジー」に登場するロボジーも、途中で失踪してましたが・・・
本当にやるとは・・・
しかも国会での質問中…前代未聞です…

<田中防衛相が20分失踪?>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120131/stt12013120200005-n1.htm
田中氏が「行方不明」となったのは、みんなの党の中西健治氏の質問中。
田中氏の不在に気づいた与野党の理事らが国会内を探したところ、
国会内の議員食堂にいたという。


・・・その3日後、失踪の理由がやっと判明・・・

<田中防衛相/予算委抜け出しコーヒー>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000060-jij-pol
田中直紀防衛相が先月(1月)31日の参院予算委員会中に無断で席を離れて「行方不明」になっていた際、
国会内の議員食堂でコーヒーを飲んでいたことが分かった。
2月3日午前の参院予算委員会理事懇談会で防衛省の鎌田昭良官房長が明らかにした。

1月31日の参院予算委で防衛相は、約15分間の離席後、
「風邪気味で鼻水が止まらなかったので、薬を事務所から持って来させて帰ってきた」と釈明していた。
理事懇出席者によると、鎌田氏は「防衛相は車の中にあった風邪薬を秘書官に取りに行かせ、その間に食堂で待機し、コーヒーを飲んでいた」と説明し、防衛相の無断での離席を陳謝した。

・・・本当にその通りなら、「無断」というのは変ですよね
一体、どんな不都合があって抜け出したんでしょうか?
近々、中国は尖閣に軍艦を差し向ける可能性も囁かれている昨今
国会内で音信不通になるような「素人のおじいいちゃん」を防衛のトップに立てていいものなんでしょうか?

そこで思い出されるのが

野田首相 の言葉
「改造内閣、最強の布陣にしました」
「民主党政権の正念場というより、日本の正念場」
がけ←よろしければポチっと

政権維持を最優先にした党内融和の人事であることがバレバレなくせに
こんなアテにならないことを平気言うヤツを一体誰が信用できるでしょうか?
その先1ヶ月も通用しないようなことしかできないヤツが
社会保障と税の一体化改革とか・・・
民主党は
30年40年後にガンにかかるのを防ぐための生活改善ばっかり訴えて
この2年間の失政から目をそらせようとしている
日本経済の基幹企業が軒並み大赤字で潰れそうになっている「直近の大問題」は放置

今日明日、出血多量で死ぬかもしれない大怪我してるのに
民主党は、それをワザと放置してる

正気の日本人なら、
デフレと円高という出血を止めるために
まず日銀法改正と景気対策でしょ・・・

明らかにワザとやっているとしか思えません。
民主党は日本を潰すことを目的とした「反日集団」ということを示す証拠はいっぱいあるんですよね


民主党 菅・枝野属する“菅グループ”「国のかたち研究会」の正体
http://knowledge.livedoor.com/49223


韓国の資源略奪の謀略

 日本海表記を消す → 竹島占拠強化
資源エネルギー学会では『東海』が主流! (関西テレビのみ報道) 
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1037.html

この動きは、日本のマスコミが隠蔽している間に着々と進んでおり・・・
      ↓
<韓国機関“日本海名称追放作戦”等に予算10億円 >
…昨年の業務成果「日韓併合100年・菅直人首相謝罪談話」を誇る
http://www.news-postseven.com/archives/20111118_71185.html
>日本の学者や研究者を含め国際的な囲い込みに全力を挙げており、
      ↓ 
当ブログでは、韓国の謀略と民主党の結託を
その1年前から指摘していました

http://tokelog.jugem.jp/?eid=43
2010・8月28日 “併合条約無効”賛同1000人超 日韓知識人共同声明

●韓国の謀略に加担する民主党
http://tokelog.jugem.jp/?eid=42


民主党が韓国企業繁栄に尽力する真相

『菅氏と李大統領の「共闘」――。
 李大統領側近が大統領親書を携えトルコ政府を訪問するなど、日本の退場宣言を契機に猛然と巻き返しに出た。
「まるで日本政府と気脈を通じたような韓国側の攻勢ぶりで、トルコ政府も戸惑うほどだ」(大手商社の担当者)という…
(「月刊テーミス」2011年9月号より) 
http://www.e-themis.net/feature/read.php
←よろしければポチっと
にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ←こちらもよろしく
にほんブログ村

先日、矢口史靖監督の新作「ロボジー」を見てきましたが
その感想は後で・・・

とにかくびっくり。
映画の後を追うかの如く
政界のリアル「ロボジー」=田中直紀新防衛大臣が暴走しまくってるじゃありませんか!
矢口監督すげー!
新作「ロボジー」は、野田政権のお粗末ぶりを予言したかのような内容。

防衛大臣ロボットの中は「普通のおじいちゃん」だった!

映画のあらすじ
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林、太田、長井の3人は、ワンマンな木村社長から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。
近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。
しかし、ロボット博まであと1週間という時期になって、制作途中のロボットが木っ端微塵に大破してしまう。
困った3人は、ロボットの中に人間を入れてゴマかす計画を立案
選ばれたのは、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人の鈴木さん。
しかしこの鈴木さんのとんでもない暴走で、窓際社員たちは大慌て…。

現実の展開

奇しくも「ロボジー」封切りの前日に任命された新防衛大臣「田中ジー」は、嫁が田中真紀子という以外に何の値打ちもない「普通のおじいちゃん」。政界のシルバー人材センターからやってきたこの「普通のおじいちゃん」は、カンペを読み切ること以外に能力はありません
中国とのパイプがある田中真紀子のダンナを尖閣問題で揺れる防衛大臣枠に入れてゴマかす計画を立案したのは、人を見る目も将来のビジョンもない野田佳彦総理。
しかしこの田中さんのとんでもない暴走で、周辺の人々は早くも大慌て…。

「沖縄に硫黄島」=田中防衛相が発言. 時事通信
http://ceron.jp/url/www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012012300764&g=pol
hatugen


この「会談」と称されているもの
田中大臣は立ち上がったまま、膝をカクカクとロボットの如く震わせながら、ひたすらに官僚が作った答弁書を読み上げるだけ。
会談
映画のロボジーの方がまだ動きは滑らかでした。
あまりの不甲斐ない姿に仲井真知事が
予備知識不要な易しい質問で、このロボットが正常に動くかどうか確認したところ
上記のトンパチな返答です。
この「会談」に同席した防衛省の金澤事務次官山内地方協力局長
↓この表情です。
faun2
映画ではこの後、誰も見ていない所で
「鈴木さん!よけいなことはやらないで下さい!」
ロボットの中のおじいちゃんを叱りつける場面があります。
たぶん、現実の大臣ロボットも、後であの二人に叱られてことでしょう。
「田中さん!よけいなことは言わないで下さい!」

「田中ジー」は、映画のキャッチコピーそのままに「制御不能」
これからどんな事態を引き起こすことか・・・

何の国家ビジョンもなく場当たり的に人事をやる野田総理の能力も知れたものです。
いや、野田ロボットの中身ももしかしたら・・・
tasuke2
このトンパチ会談の詳細と野田政権の行方については
関西テレビ「ニュース アンカー」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1134.html
こちらで確認してください。

最後に、映画の感想ですが
アルタミラ・ピクチャーズお得意の「笑いと感動の集団劇」なんですが
今回は笑いが多い分、感動の方がちょっと薄味。
そこがちょっと不満でしたね。
笑いを求めに見に行ったんですが、
「やはり、感動にまさる娯楽はないな」と思いながら家路へ。

しかししかし「ロボジー」は、意表を突く企画で、しっかり笑える映画ですから
輸出もできるし、リメイクもアリな仕上がりではないでしょうか。

←よろしければポチっと
みなさん、フジテレビ映画「ロボジー」を見に行ってやってください。

どうやら韓流宣伝の主役はフジテレビから日テレへ移行したようです。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ←こちらもよろしく
にほんブログ村

震災から2ヶ月。
世界中から沢山寄せられたありがたい義援金は、今になっても一円も被災者に配られていない。

義援金配分委員会なるものが「平等に配るには・・・」ということでモメているんだそうで。
日本国民の痛み < 自分の主義主張
日本の復興    < 政権の延命
これが菅政権の本性。これでは絶対日本は復興できない
菅政権
朝鮮式で水を飲むヤツに日本人の痛みは全く感じないという訳で。
http://honeycreeper1.blog56.fc2.com/blog-entry-55.html

阪神大震災の時は、
2週間後には被災地に義援金(1世帯10万円)が届いたんですよ・・・
36日後には「復興基本法案」も成立しました。
菅政権は、2ヶ月たっても成立の目処すら立っていない


非常時には、方向性さえ間違いがなければ「スピード」が命。精度は後で修正できますよ。
菅政権の震災対応の失敗で、判断の悪さととともに目立ったのは、この「スピード」の遅さ。

そもそも
菅直人・菅政権は、発足時より、常に事の優先順位が間違っていましたが
この国難の時、24時間震災と復興に全力を傾けなければならない非常時に、被災者支援などほっぽりだして
な、な、なな〜んと!
反日国家韓国に貢物を渡すことに血道を上げている。

    朝鮮儀軌引き渡し協定外務委員会通過

本日外務委員会で朝鮮儀軌引き渡し協定が賛成多数で可決 
第177回国会外務委員会中継2011年4月27日 (水)
開会日 : 2011年4月27日(水)
会議名 : 外務委員会  収録時間 : 3時間 41分
案件(議題順):日・韓図書協定(176国会条5)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40937&media_type=wb&lang=j&spkid=19625&time=03:37:27.0


http://news.harikonotora.net/r/18082/

朝鮮半島由来の「朝鮮王朝儀軌(ぎき)」などの
図書を韓国へ引き渡す日韓図書協定が27日
衆院外務委員会で民主、公明などの賛成多数で可決された。


日韓図書協定が衆院委通過
http://www.asahi.com/politics/update/0427/TKY201104270217.html
日韓図書協定を与党などの賛成多数で可決した。
28日に衆院を通過し、参院に送られる。今国会中に承認される見通しだ。


委員会採決で自民党は反対した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011042701000506.html (抜粋)


日韓図書協定の危険性と韓国側の真の目的については
以前より当ブログは書いてきたので、そちらを参考にしてください。

http://tokelog.jugem.jp/?eid=42
http://tokelog.jugem.jp/?eid=43
http://tokelog.jugem.jp/?eid=44
http://tokelog.jugem.jp/?eid=45


韓国の目的は実は「日韓併合不法論」の強化。
「文化財=略奪品→併合不法」という論法。
→引き渡されると、日本側の意に反して「盗品」のレッテルを貼って喧伝
→大騒ぎされて、賠償金請求の道具にされること確実
仙石
韓国側は、
日本からまたまた巨額の金を強請り盗る口実を得ることになるわけで・・・
この非常時に、その布石・口実という「貢物」を韓国に渡すことに、
菅も仙谷も必死になってる訳です。もうほとんど狂気の世界。

続きを読む >>