当ブログは、保守系ブログです。
さらに私は橋下市長を誕生させるべく票を投じた者として、
この度の橋下市長の慰安婦関連発言について、苦渋の断罪をせざるをえません。


「大大大…大失策」として。

(この後、何かトンデモないことが起きて、この災いが福となすような事態になり、この記事を撤回すべき状況が起きることを願うばかりですが…)


李明博(元韓国大統領)と同じ展開

まだ記憶に新しい昨年の李明博氏の暴走迷走を思い出して下さい。

竹島上陸
↓   (思いのほか反発があったので、意地になり…)
天皇侮辱発言
↓   (それなら海外メディアに直接訴えてやる!)
海外メディアを竹島に招待し現地取材させたが
国会で野党から「大々的に紛争地だと広報してしまった」と非難される


橋下市長も李明博も、支持率低下に悩んでいた。
そして、思い切った保守的行動に出た。
一瞬それは、国内の保守層の胸をすく行動であったが
国際的には「暴走」「暴挙」と解釈され、大きなダメージとなって跳ね返ってくる。

止める声に耳をかさず、さらに踏み込んでさらに傷口を広げ、
ようやく失敗に気づく。
最初の勇ましさはどこへやら、発言はトーンダウンしていく。

ほぼそっくりの展開をしています。
えてして国際紛争は、
無理して点を取りに行った方が(動いた方が)失点になる典型です。


ゲームもルールも理解せずに飛び込んで行った

 

この問題に関する現実的な状況というのは
過去記事「韓国の恐るべき反日活動 in USA」に記載してありますので、詳細をご覧ください。
http://tokelog.jugem.jp/?eid=61

富坂「私、田中上奏文という戦前にあった問題。
  あれとそっくりだと思うんですよね。
  日本はマジメな議論をやりすぎですよ。
  なかったって事を細かく細かく論証しようとするんですが
  誰が世界の人で聞いてくれるかというと、聞かないですから…」

ワシントンの議会で行われているのは「裁判」でもなければ、科学的究明でもない。
政治は裁判ではない。学会でもない。
スキャンダルをネタにして、悪役に回った者を、これでもかと叩く場でしかない。
真実の追求など行われない。
そこは「アウエイ」で、審判も買収されていて、しかも行われているのは「悪者叩きゲーム」なのだから。

さらに、人権問題というテーブルに載せられているのである。
人権は科学を殺す」から、
両者の話を公平に聞いて、科学的に判断するということはなされない。
「スキャンダル・ゴシップ」の世界である。

あえて裁判というなら「痴漢の冤罪」裁判に近い。
被害者と称する側の言い分ばかりが通って、加害者とされた側の話はきいてくれない。明明白白たる証拠を提示しても覆すことが難しい。

細かく歴史論争やってる”つもり”でいるのは日本だけ
そんなことでわーわー主張しても聞いているのは身内だけ
今、この状態では、
反論すればするほど、叩くのに都合のいい言葉が抜き出され
韓国中国の餌食にされる。
敵にネタを与えまくっているだけ。
だから、
保守派は今は静かにしておいた方が得策なのである。


●言葉を抜き出され編集されて悪用されるリスクを考えてなかった

第一次安倍政権時の安倍さんの発言がそうであった。
抜き出されて編集され、意味を変えられて悪用されるのである。
いくら喋っても、真意など報道されない。
日本側の弁明は聞かない。弁明したら叩く。そういう方向性でまとめられる。

この件で口を開いていいのは、
方向性(流れ)を変えた後からである。

橋下さんは、まだ赤信号なのに飛び出したのである。
雨降って足場も悪いのに、危険なルートを強行して滑落したのである。

 

「スキャンダル・ゴシップ」というゲームで解説すれば・・・
1996年当時、
不倫交際をマスコミから非難された石田純一の状態。

石田は、モデルの長谷川理恵との8年余りに及ぶ交際が発覚後
不倫をマスコミから非難され、ゴルフ場でインタビューを受けた際、
「『文化』や芸術といったものが『不倫』から生まれることもある」弁明しました。

この発言の内容自体は間違いではない
しかし、石田を叩くという方向性が決まっていたので
『文化』『不倫』という言葉が抜き出されて、「不倫は文化」というフレーズにまとめられて報じられ、彼は40代を不遇の中で低迷することになる。

立場が悪い側の反論・弁明は、言えば言うほど悪用される
「悪者」役を着せられた時点では
何を弁明しようが、全て叩くための道具にされてしまう。

「世界に届け」と投げた言葉が、跳ね返されて爆弾となって日本国土に降り注ぐ。
言ったことは全て味方のダメージになり、敵の得点になる。

それが今現在のルールなのです。
←途中ですが、よろしければポチっと

●話を聞いてもらいたい相手の機嫌を損ねた

アメリカは、自国に都合の悪い事実は全力で潰しにくる
枯葉剤問題が大きくなった時、捕鯨問題を立ち上げてキッシンジャーが潰したという話は有名である。
(田原総一郎氏は、その当時アメリカでその現場にいたとテレビで述べている)

それなのに、
「オマエもやってただろ!」なんて論法で向ったら間違いなく潰される。
余計に日本叩きが激しくなる。
アメリカ以外の国でも、この件は触れられたくない過去であり、
ややこしい人権問題に抵触するので、
誰もそんな火の粉を自ら浴びたくないので、これに関してはほぼ無視される。


橋下発言のせいで
慰安婦問題が、徹底的に不利になってしまった事実は否めません。
元慰安婦たちを「売春婦である」と反論することが
 ヘイトスピーチに認定されてしまったので、民間レベルでの反論でさえ苦しくなった。
全方位的に、空前絶後の大失策である。

韓国側も、こんなに頭の悪いやり方で罠に飛び込んでくるヤツがいるとは…と驚いた後、バカ笑いしていることでしょう。

皮肉なのは
日本国内のマスコミから総叩きを受けて、返って救われているということ。
日本のマスコミが橋下さんを叩いておかないと、より対外的には印象が悪くなってしまう 。
反論に聞く耳持たない今の国際世論からすると、
日本のマスコミが橋下発言に同調してしまうと、完全に日本は孤立してしまうのです。

どんなに腐っていても、国際世論との繋がりを絶ってしまうと、
「田中上奏文」が招いた最大の失敗…国際連盟脱退…のような道を辿ってしまうのです。

今は、こちらが動いたら負けなんです。喋ったら負け。
騒げば、悪宣伝になって利用される。

これは「情報戦」なのだから、「情報戦」として冷静に戦う。
そのアイディアを考案し、しかるべきところに提供する。
その発想と気構えが必要とされています。

←よろしければポチっと

 映画『G.I.ジョー  バック2リベンジ』公開ということで
緊急来日なんぞやっておられる イ・ビョンホン様ですが・・・

本作の 感想批評については
アメリカの有名批評サイト「Rotten Tomatoes」において
G.I.ジョー2』は28%という超低評価
(ちなみに「アイアンマン3」78%  不評の「オズはじまりの戦い」でも59%)
http://www.rottentomatoes.com/m/gi_joe_retaliation/
いかに中身スカスカ てことです。

そこで、今回はご出演のイ・ビョンホン様の活躍ぶりを
haru様の許可を頂戴して、haru様のブログからの転載にて紹介します。
詳細(
http://27882935.at.webry.info/200908/article_1.html
イ・ビョンホン様の”やっぱり”な反日俳優ぶりをどうぞ
 
 
↓   ↓    ↓    ↓
ビョンホンが演じた「ストームシャドー」は、
原作では本名:トーマス・富三郎・嵐影 出身地:日本
それを勝手に韓国人役に変えてしまう・・・・
イ・ビョンホン「日本人忍者の役ではない!私は韓国人を演じた」 :(韓国語) http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200907241627311126
24日午後ソウル、龍山(ヨンサン)CGVで開かれたマスコミ試写会を通じて、国内で初公開された「G.I.ジョー」でイ・ビョンホンは悪役のテロリスト軍団コブラの「ストームシャドー」の役を受け持った。当初キャスティングが知らされた後、
インターネット映画掲示板などでは倭色議論がふくらんだことがあった。イ・ビョンホンが引き受けた役がG.I.ジョーで日本人忍者としてよく知らされた「ストームシャドー」であったため。 

だが、この日公開された映画でイ・ビョンホンは日本の東京で育ち、日本で武術を習ったが
韓国語を話す韓国人と設定された。

イ・ビョンホンは
「とにかく私の立場では当然、韓国人に設定してほしいと要求しなければならなかったし、製作陣も快く受け入れてくれた」と明らかにして、倭色非難を払拭させた。

(以上引用要約)-------------------------------
「忍者」という日本生まれのキャラクター文化があったおかげで出演できたクセに
日本に対する敬意も原作に対する敬意もゼロ

そう言えば、武道館での日の丸塗りつぶし事件てのもありましたね
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e1b81f57c369b7416c5f10f801da6ea8
にしても・・・
韓国人は、このテの反日破壊活動3人連続です

その ピ(レイン)「スピード・レーサー」
「ウリが演じる役を韓国籍に変えろ!ハングルを入れろ!」事件

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/a47ecc500b9c080cc3237730e222eda3

その◆チョン・ジヒョン「ラスト・ブラッド」「日本人役じゃないことにして!」事件
http://plaza.rakuten.co.jp/korkor/diary/200906070000/

共通する破壊活動パターン
日本人役のオーディションまたはオファーを受ける

日本人役として出演決定

制作途中にゴネだす(日本人設定を消す改変工作を始める)

「日本人役じゃない」アピール
←途中ですが、よろしければポチっと
イ・ビョンホン編に続いて
反日活動チョン・ジヒョン編もどうぞ
「ラスト・ブラッド」で、私は日本人役なんか演じてません! (チョン・ジヒョン)
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=99613 (韓国 innolife)
トップスター チョン・ジヒョンが、最新映画『ラスト・ブラッド』の配役が日本人設定ではないかという論議に対して、
断固たる立場を見せた。
「日本人という設定は、映画に登場しない。単にアジアの少女であるだけだ
と一蹴した。

ジヒョンは
「実際その部分のために、出演段階から悩んだ。
日本原作で背景が日本であるため、避けることができないだろうと思った。 
それで制作段階から制作陣に多くの部分を、アピールした。」
(以上引用要約)-------------------------------
ビョンホンと ほとんど同じ手口です
「ラスト・ブラッド」では、ジヒョンは最後まで一言も日本語を喋りません
ご丁寧にラストでは、「日本人であるかどかもわからない」なんてナレーションまで入ります
「ラスト・ブラッド」は、日本が原作国なのに!!!
どうしてこんなヒドイことして平気なんだろ・・・・

でも韓国メディアには正直に答えるんですね。
「日本人なんか演じてない!」なんて堂々と・・・



---------以上引用・抜粋-------------------------------

ここまでの反日活動をしておきながら
今も当時も、それをなかったことにしている日本のマスコミの罪は大きいですよ。
日本のマスコミがいかに「死んでいるか」ということです。


←よろしければポチっと

 【韓国】対馬から盗まれた仏像、日本に返還してはならない-地裁が仮処分
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1361929747/

みなさん、はらわた煮えくり返ってるニュースですが、
私はこの仮処分の内容に、少々ホッとしています
韓国という悪辣で下品な国の本質が、少しでも日本中に知れ渡るからですね

そして実は、盗難仏像は返って来ない方がいいとも思っています

その理由は
当ブログで2011年に取り上げた「日韓図書協定」に原因があります。

http://tokelog.jugem.jp/?eid=42 http://tokelog.jugem.jp/?eid=43
http://tokelog.jugem.jp/?eid=44 http://tokelog.jugem.jp/?eid=45


「日韓図書協定」とは
“日本にある朝鮮半島由来の文化財を渡す”ということなのですが
これは表向き。

実は韓国-民主党-共産党等が巧妙に仕組んだ陰謀です。
2011年。民主党政権下で施行された大売国なのです。

韓国側に引き渡される文化財は
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134747&servcode=A00&sectcode=A10
>朝鮮王朝儀軌など1205点
>儀軌167冊のうち1種4冊は宮内庁が金を出して購入したという事実も注目される。 (以上引用)


韓国側が、「略奪文化財返還」を求める国際会議などを悪用して強く要求してきた物は
「朝鮮王室で所蔵していて、日本統治下で朝鮮総督府を通じ日本に搬出された図書」特に「朝鮮王室儀軌」(実は写しであった)と呼ばれるものである。


ところが、これらは「略奪」でも何でもない
「朝鮮王室儀軌」は移管されたものだし
小倉コレクションは、熱心な収集家が普通に購入し、それを大事に保護保存し
そしてこの度「厚意」によって韓国側に「寄付」されることとなったものである

しかし…韓国では、その全てが
「略奪された」「盗まれた」ということで喧伝され引き渡されているのです。

韓国側が捏造しようとしている文脈を
日本共産党の石井議員が
見事に、まるで頼まれたかのように演じています。
http://tokelog.jugem.jp/?eid=44


おそらく、アメリカ議会における慰安婦論議も
韓国ロビーに頼まれた議員が、同じような詭弁を使って反日キャンペーンを行っているのでしょう。
←途中ですが、よろしければポチっと

●「日韓図書協定」の韓国の狙いは・・・
(http://tokelog.jugem.jp/?eid=45 から引用します)

 文化財が韓国側に「渡される」
        ↓
 韓国側では「返還された」とすり替えて喧伝
  →返還=略奪品であると日本は認めた
  →日韓併合が不法 であったと日本は認めた行為

という文脈で国際的に宣伝する

最終的には・・・
→日韓併合は不法
 →日韓基本条約を破棄 →賠償金を奪う
ということなのです。

アメリカで激しく行われている慰安婦キャンペーンも
実はそのための下地作りです


人の好意も厚意も優しさも、利用して仇で返すのが韓国

日本が厚意で寄付した物  →「略奪品が返された」
日本から盗んだ文化財   →「略奪品を取り返した」

これで今回の”真の”略奪品・盗難品が
韓国→日本に返還されると

「韓国側“も”略奪品・盗難品を返しますよ」
というアピールになるので、
図書協定で日本→韓国に引き渡された文化財も
“略奪品・盗難品”という印象を広めかねない

いや、そうやってアピールしてくるでしょう。

2012年 "韓国側から朝鮮半島由来の文化財『返還』運動相次ぐ"
民主党政権が点数稼ぎ…朝鮮儀軌引き渡しが逆効果

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1337392911/


さらに、
話せばわかる親日大統領として、
ドン底の韓国のイメージ回復に利用するのは間違いない。
日本の売国テレビは「パククネさんはいい人・親日」などと騒ぎ立てることでしょう

韓国相手に
「話せばわかる」とか甘い幻想であり、罠です。

それにしても、こういった手口
悪意のある目的を隠した上で、表向きでは「日韓友好促進」を標榜

電通主導で作られてきた「韓流ブーム」とそっくり です。
←よろしければポチっと

 今年早々、関西テレビ「アンカー」に出演した経済ジャーナリスト:須田慎一郎さんは
「年末年始をアメリカで過ごしたが、アメリカは日本に対して冷淡だった」
「日本は歴史を改竄しようとしているのか?と言われた」
とコメントしていました。
それはつまり、韓国による慰安婦プロパガンダのことを言っていたのですが、
その反日プロパガンダの実態の凄まじさが、先日生放送された『たかじんnoマネー』で明かされました。

2/23放映
『生放送!たかじんnoマネー』(テレビ大阪他)
  「ニッポンを守れ!尖閣・竹島・北方領土問題」
出演:青山繁晴・眞鍋かをり・須田慎一郎 ・水道橋博士・大谷昭宏・岸博幸(元経産官僚)・鳩山邦夫(自民党)、富坂聰

韓国系アメリカ人がNYやワシントンに移住し 
 地方議会を乗っ取って動かしている

安倍総理に対して、オバマもアメリカメディアも
実は冷ややかだったという話で…

青山「安倍総理に対して、日本ではほとんど報道されないけど
  ワシントンとニューヨークでのロビー活動が凄まじいからね。
  存在しない従軍慰安婦の問題を、セックススレイブ(性奴隷)という言葉に勝手に変えて
  アメリカでは『日本はセックススレイブ(性奴隷)に謝らないのか』というのが行き渡っています。
  韓国系アメリカ人の人数をワシントンとかニューヨークとかで凄く増やしていて
  地方議員から食い込んでいって政治を動かして
  この数ヶ月間、ずっと安倍普三の話ばっかりです

須田ニューヨークタイムズやワシントンポストなどの有力紙も、
  青山さんが言ったような論調で
  ずーっと安倍さんに対して厳しいことが書いていて
  その刷り込みがオバマさんにもあります
青山「中国も韓国と連携してやっていますが、今の動きは中国よりも韓国の方が激しいです
岸博幸「そのとおりですよね」

青山「中国は南京大虐殺とかの宣伝活動はやってなくって
  今は尖閣に集中してます。尖閣に対する日本の主張は全てデッチあげだと」
富坂こういうのは、宣伝戦といって、全部中国が仕掛けているものなんです
  これに、安倍さんの考えを今表に出していくと、まんまと乗っかってしまうんです

(参考)
米 NY州議会に慰安婦謝罪求める決議案http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/17f485b7cb27bb6c04a3b247c688869a

●凄まじい韓国のロビー活動 
 しかし日本のマスコミは取材すらしない

須田「アメリカメディアの様子を見てますと、青山さんが仰っているとおり
  宣伝戦で完全にやられてますよ
水道橋「ボクらは、ロビー活動というものに対してあまり馴染みがなくて
  青山さんから聞いて、そんなに効果を上げているんだってことがやっとわかりました」
青山「僕に対してでも、韓国のロビー活動を受けたアメリカの議員から
  『青山はセックススレイブ(性奴隷)に対してどう思ってるんだ』って言ってきます

  それで、アメリカに行ってその人に会うと、
  『実は韓国人から選挙の支えがある』と言うんです。
  これを知らないのは、日本国民のせいではなくて
  日本のメディアの責任です。政治家の責任もありますが。
  ロビー活動を受けた議員に会いに行って話を聞いても
  日本の記者が取材に来たというのはゼロなんです
  ニューヨークやワシントンに駐在している人は、みんな知ってるのに取材すらしない」

鳩山「そんなにオバマは冷淡だったの?」
青山「オバマさんは顔に出る人で、最後の記念写真の時はオバマスマイルでしたが
  会談前にメディアが入った時の様子からして、はっきり態度に出てました」

←よろしければポチっと
(参考)
「日本が悪い」 米・ニューヨークの中心に、長さ500mの「慰安婦通り」&高さ2mの慰安婦の碑設置へ…韓国人団体★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351072952/

●戦争はとっくに始まっていてる

富坂「戦争というと日本人が考えているのは全面戦争。
  しかし中国人が考えているのは局部戦争。
  武力を使う前に、長い時間をかけて行います

  先ほど青山さんが仰ってた宣伝戦というのは、完全にその中に入ってます」
青山国際世論を日本の味方にするのは大事なことなんです。
  そこは、日本はワイロを使わなくてもいいからロビー活動すべき

鳩山「我々が学生の頃に、ロビー活動とか教えられたけどピンとこなかった
  日本にそういう習慣はないから」
大谷「今度のIOCのレスリングとか、それで(テコンドーに)負けちゃったんだから
青山「大谷さんが言ったように、レスリング問題で(韓国ロビーの激しさに)気づいてほしいんです

(参考)
テコンドーが、韓国のロビー活動によって除外を免れた
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1335.html

●偽書:田中上奏文の二の舞か

番組終盤
須田「先ほど青山さんが冒頭に言われた性奴隷の問題。
  この問題というのは、竹島問題以上に難しくなってくるんじゃないですか?」
富坂「私、田中上奏文という戦前にあった問題。あれとそっくりだと思うんですよね。
  日本はマジメな議論をやりすぎですよ。
  なかったってことを細かく細かく論証しようとするんですが、
  誰が世界の人で聞いてくれるかというと、聞かないですから
  セックススレイブと言われた時点でゲームセットですから、
  そんな所からは撤退すればいいんですよ」

(参考)
国際連盟脱退と宣伝外交の敗北〜偽書・田中上奏文(タナカ・メモリアル)
http://kuwappa.livedoor.biz/archives/52006936.html
日本側は、中国側の嘘の宣伝に対して、対抗策を講じることなく、
偽書であることは明白であると田中上奏文の真偽論争へと持ち込む

日本は国際社会の感覚を見誤っていた。
事実とは別に情報宣伝戦があることに疎かったのだという。
その文書が本物であるかということと、第三国に対するプロパガンダ戦略とは違うことを日本は履き違えていた。
不用意に真偽論争に持ち込んだことが、逆に宣伝に利用されてしまったのだと。(引用)

日韓関係改善について
富坂「山崎拓さんとかいいと思います
  人脈もお持ちですし、いまだに韓国クラブに通っています」
  「焦らなくてもいいと思います。韓国経済は危ないですから」
岸 韓国経済はすでにヤバイです」


最終コメント
眞鍋かをり
「番組中、不適切な表現があったことをお詫びいたします」

この『たかじんnoマネー』も、「たかじんのそこまで言って委員会」同様に
関東地区では視聴できない。
この番組では、
パチンコは違法か?人権救済法がいかに危険か・韓国の売春婦が日本に5万人も送り込まれているとか…
日本人が本当に知るべき情報が頻繁に放送される。
それが日本の首都圏では、メディア内外の圧力により放送されないのです。

これこそ「サイレント・ウォー」というやつです。
戦争はとっくに始まっていて、日本はずっと攻撃され続けているのです
←よろしければポチっと
韓国系アメリカ人が、ニューヨークやワシントンに移住して
地方議会などに働きかけて反日活動をし
ロビー活動でメディア工作をして世論誘導をしているのは、
在日韓国人たちが、日本でやってることとソックリです

地方議会を乗っ取り
マスコミに就職したり、在日企業がスポンサーになってメディアをコントロールする。
そのままではないでしょうか。


この件は、富坂氏の言うとおり、
田中上奏文と南京大虐殺というプロパガンダで徹底的にやられてしまった過去をしっかり教訓にしなければならない。

歴史改竄だとか、戦前回帰といった印象を、中国韓国はメディア工作で広めています。
彼らは、こういう土俵に引きずり込もうと、様々な「挑発」を投げかけてきますが、
それに応えてはならない。悪魔に口をきいてはなならいと思います。

この件では相手にしない。という体。

そして、青山さんが提案するように「ロビー活動」を積極的に行うべきでしょう。

ディフェンスラインを下げず、
退かずに身をかわすことがポイント。
そして、とにかく確実に経済を回復させることだと思います。
国内外のマスコミのほとんどが安部さんの敵です。
私たちが安倍さんを支え、そしていつか汚名をそそぐ機が来るのを待つことです。

国際オリンピック委員会(IOC)理事会は
2月12日、2020年の夏季五輪競技からレスリングを除外候補にするよう勧告
したと発表した。

これは、BBCの電子版を始め、世界中で驚きと困惑を持って受け止められていますが・・・

レスリングが五輪から「除外?」、アメリカでも広がる困惑
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/02/post-529.php

関西テレビ「アンカー」で青山繁晴さんのコメントです
「レスリングが除外されるというのは、今までほとんど聞こえたことがなくて
その代わりに、
韓国のテコンドーと近代5種が外されるんじゃないかというのは
ずーっとCNNやBBCのような外国メディアでも話題になってました。
で、それが
テコンドーは、韓国のロビー活動によって免れた。
これは、日本のテコンドー関連の幹部の方もはっきりおっしゃっていますね

「かつてはね、国際社会でも、金銭がまかり通るようなことは酷くなかった
年々歳々酷くなっている」
(詳しくは)→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1335.html

←よろしければポチっと
韓国が、サッカー競技で(独島プラカード事件)、明らかなルール違反を犯しながら、
ついに軽微な罰で逃れ、メダルを剥奪されなかった原因
というのも、
同じ所に原因があることが見えてきましたね。

金さえもらえれば、違反も伝統もないがしろにしていいのか
IOCよ!
韓国と関われば関わるほど腐っていく典型ですよ。

韓国のロビー活動こそ除外しろ!

さらに不審に思うのは、
日本のマスコミが、レスリングの件とほぼ同時期に発表された、独島プラカード野郎のメダル授与の件を、ほとんど報道しないこと。
一緒に並べて報道すると、関連がわかってしまうことを避けたんでしょうか

もはや“韓国の国技”ロビー活動の凄まじい過去例を
当ブログから拾ってみました

  ↓
http://tokelog.jugem.jp/?eid=29

←よろしければポチっと
IOCによる不可解な『レスリング除外』、韓国メディアは『テコンドー残留』のロビー活動を暴露
http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/24402212.html

レスリング除外、テコンドーまさかの残留 韓国メディア「スポーツ外交の勝利」
http://www.j-cast.com/2013/02/13165191.html