一定期間更新がないため広告を表示しています

国際オリンピック委員会(IOC)理事会は
2月12日、2020年の夏季五輪競技からレスリングを除外候補にするよう勧告
したと発表した。

これは、BBCの電子版を始め、世界中で驚きと困惑を持って受け止められていますが・・・

レスリングが五輪から「除外?」、アメリカでも広がる困惑
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2013/02/post-529.php

関西テレビ「アンカー」で青山繁晴さんのコメントです
「レスリングが除外されるというのは、今までほとんど聞こえたことがなくて
その代わりに、
韓国のテコンドーと近代5種が外されるんじゃないかというのは
ずーっとCNNやBBCのような外国メディアでも話題になってました。
で、それが
テコンドーは、韓国のロビー活動によって免れた。
これは、日本のテコンドー関連の幹部の方もはっきりおっしゃっていますね

「かつてはね、国際社会でも、金銭がまかり通るようなことは酷くなかった
年々歳々酷くなっている」
(詳しくは)→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1335.html

←よろしければポチっと
韓国が、サッカー競技で(独島プラカード事件)、明らかなルール違反を犯しながら、
ついに軽微な罰で逃れ、メダルを剥奪されなかった原因
というのも、
同じ所に原因があることが見えてきましたね。

金さえもらえれば、違反も伝統もないがしろにしていいのか
IOCよ!
韓国と関われば関わるほど腐っていく典型ですよ。

韓国のロビー活動こそ除外しろ!

さらに不審に思うのは、
日本のマスコミが、レスリングの件とほぼ同時期に発表された、独島プラカード野郎のメダル授与の件を、ほとんど報道しないこと。
一緒に並べて報道すると、関連がわかってしまうことを避けたんでしょうか

もはや“韓国の国技”ロビー活動の凄まじい過去例を
当ブログから拾ってみました

  ↓
http://tokelog.jugem.jp/?eid=29

←よろしければポチっと
IOCによる不可解な『レスリング除外』、韓国メディアは『テコンドー残留』のロビー活動を暴露
http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/24402212.html

レスリング除外、テコンドーまさかの残留 韓国メディア「スポーツ外交の勝利」
http://www.j-cast.com/2013/02/13165191.html

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL