震災から2ヶ月。
世界中から沢山寄せられたありがたい義援金は、今になっても一円も被災者に配られていない。

義援金配分委員会なるものが「平等に配るには・・・」ということでモメているんだそうで。
日本国民の痛み < 自分の主義主張
日本の復興    < 政権の延命
これが菅政権の本性。これでは絶対日本は復興できない
菅政権
朝鮮式で水を飲むヤツに日本人の痛みは全く感じないという訳で。
http://honeycreeper1.blog56.fc2.com/blog-entry-55.html

阪神大震災の時は、
2週間後には被災地に義援金(1世帯10万円)が届いたんですよ・・・
36日後には「復興基本法案」も成立しました。
菅政権は、2ヶ月たっても成立の目処すら立っていない


非常時には、方向性さえ間違いがなければ「スピード」が命。精度は後で修正できますよ。
菅政権の震災対応の失敗で、判断の悪さととともに目立ったのは、この「スピード」の遅さ。

そもそも
菅直人・菅政権は、発足時より、常に事の優先順位が間違っていましたが
この国難の時、24時間震災と復興に全力を傾けなければならない非常時に、被災者支援などほっぽりだして
な、な、なな〜んと!
反日国家韓国に貢物を渡すことに血道を上げている。

    朝鮮儀軌引き渡し協定外務委員会通過

本日外務委員会で朝鮮儀軌引き渡し協定が賛成多数で可決 
第177回国会外務委員会中継2011年4月27日 (水)
開会日 : 2011年4月27日(水)
会議名 : 外務委員会  収録時間 : 3時間 41分
案件(議題順):日・韓図書協定(176国会条5)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40937&media_type=wb&lang=j&spkid=19625&time=03:37:27.0


http://news.harikonotora.net/r/18082/

朝鮮半島由来の「朝鮮王朝儀軌(ぎき)」などの
図書を韓国へ引き渡す日韓図書協定が27日
衆院外務委員会で民主、公明などの賛成多数で可決された。


日韓図書協定が衆院委通過
http://www.asahi.com/politics/update/0427/TKY201104270217.html
日韓図書協定を与党などの賛成多数で可決した。
28日に衆院を通過し、参院に送られる。今国会中に承認される見通しだ。


委員会採決で自民党は反対した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011042701000506.html (抜粋)


日韓図書協定の危険性と韓国側の真の目的については
以前より当ブログは書いてきたので、そちらを参考にしてください。

http://tokelog.jugem.jp/?eid=42
http://tokelog.jugem.jp/?eid=43
http://tokelog.jugem.jp/?eid=44
http://tokelog.jugem.jp/?eid=45


韓国の目的は実は「日韓併合不法論」の強化。
「文化財=略奪品→併合不法」という論法。
→引き渡されると、日本側の意に反して「盗品」のレッテルを貼って喧伝
→大騒ぎされて、賠償金請求の道具にされること確実
仙石
韓国側は、
日本からまたまた巨額の金を強請り盗る口実を得ることになるわけで・・・
この非常時に、その布石・口実という「貢物」を韓国に渡すことに、
菅も仙谷も必死になってる訳です。もうほとんど狂気の世界。

震災で日本の金庫はスッカラ菅になるでしょう・・・
この上、どうやって韓国側に支払う金を捻出するつもりなんですかね?
菅直人に仙谷よ!
元より、日本を破滅させることが目的のお二人は、そんなこと考えていないのでしょうが・・・

マスコミも、世間の耳目も「震災関連報道」に向けられているこの時期だから
コッソリと処理できるという算段のもとに、
このタイミングを見計らって提出されたことは明らか。

完全に火事場泥棒!

「火事場泥棒」といえば・・・

韓国、竹島の海洋基地建設へ/4月中にも基礎工事着手
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110404/kor11040420400002-n1.htm
<日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)近海の洋上で、建設が構想されている韓国の「総合海洋科学基地」について、韓国政府が今月中にも基礎工事に着手する方針であることが4日、分かった。聯合ニュースが伝えた。
この方針は、韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」に提出された政府資料に示されているもので、やぐらの鉄骨組み上げなどの基礎工事が行われる。工事は年内に終える予定という。>


こんな国に対して

民主党の岡田克也幹事長
<28日の記者会見で、
朝鮮半島から持ち込まれた古文書を韓国に引き渡すための日韓図書協定の
衆院本会議採決で自民党が反対したことについて、
「日韓関係の重要さを考えれば、気持ち良く賛成してほしかった。本当に残念だ」と批判した。


岡田よ、
竹島のことと日韓関係は無関係なのかい?

非常時に竹島に手を出している悪辣な国に対して貢物を渡す協定に「気持ちよく賛成しろ」だと???

「竹島への海洋基地建設計画が明らかになったので
日韓図書協定は破棄します」
とやり返すのが本物の外交というものだろう。

日本→韓国に金や技術が行くばかりの日韓関係なんてどこが重要なのだ???


そんな売国してるヒマがあったら、
「忙しい」を理由に一度も開かれていない『中央防災会議』を開けよ!!


被災者も復興も放置して
売国行為に死に物狂いで取り組んでいるんだから
菅・仙谷・岡田の頭の中の優先順位というものが、日本よりも韓国が先に来ていることは明らか。

さてこのように、実質韓国の支配下にある菅・仙谷政権
韓国側から要求されている案件はもう一つあります。

「在日韓国人の地方参政権の問題はそろそろ解決してよいころではないか。」

外交デビューの玄葉氏に「歴史問題」の洗礼 2011年1月7日 22:41
 
玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は7日、
ソウル市内の韓国外交通商省で、金星煥外交通商相と会談し、
2004年から中断している日韓経済連携協定(EPA)の交渉再開を打診した。
ところが、金氏が会談で熱弁をふるったのはいわゆる歴史問題。
玄葉氏の「外交デビュー」はほろ苦いものとなった。

玄葉氏は会談で、
「(日韓両国は)同じ通商国家として協力しながら世界に向き合う時代がきている」と述べ、
「次回の首脳会談で交渉再開を合意したい」とラブコールを送った。

だが、金氏は
「韓国には過去の歴史への感情がまだ国民の間に残っている」と指摘し、
日本の中学校学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)の記述などにも触れ、
「こうした問題が(EPA交渉にも)ある程度影響を及ぼしている」と切り返した。
さらに、「在日韓国人の地方参政権の問題はそろそろ解決してよいころではないか。
国家戦略の観点からぜひ考えてほしい」と注文。

日韓外交にはつきものの「歴史問題」の洗礼を受け、
玄葉氏の交渉再開の打診は空振りに終わった。 (ソウル坂井広志)

←よろしければポチっと

菅・仙谷政権の使命というのは
「日韓併合不法論の強化」と「外国人参政権」です。

その二つを実現するまでは、
「支持率1%になっても続けたい・・・」
ということなのです。

震災の被害を拡大させ、義援金を配らずに被災者を苦しめ続けても
責任を感じることなく平気で総理の椅子に居座っていられるのは
真の目的が「売国」だからです。

その二つの大きな売国の使命を果たすまでは、
菅直人は政権を延命するために、どんな手でも使うでしょう。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ←こちらもよろしく
にほんブログ村
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL