一定期間更新がないため広告を表示しています

 >>共産党の陰謀…「日韓図書協定」という爆弾 (その3)の続きです

←よろしければポチっと

●“韓国の真の狙い”を伝達する共産党議員

平成19年5月24日の国会 外交防衛委員会 第13号
武力紛争の際の文化財の保護に関する条約の締結について承認を求めるの件
(内閣提出、衆議院送付)

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/166/0059/16605240059013c.html

日本共産党緒方靖夫の発言にも注目すべき点がいくつかあります。

○緒方靖夫君 
それで、今話がありましたけれども、昨年十二月の韓国国会決議があると。
そこでは、これについて必須の文化財であると、そう述べて、
同時に、過去の不幸だった韓日関係を清算し、更に発展的な韓日関係を持続するために(1)
日本政府が文化財の原産地返還というユネスコの精神に立って(2)朝鮮王室儀軌を直ちに大韓民国政府に返還することを求めると、そう記しているわけですね。
 やはりこういう決議についてどう受け止められるのか、端的にお伺いいたします。大臣に。

<註釈解説>
緒方議員。完全に韓国のスパイとして送り込まれているようですね。
韓国側の一方的な要求を日本の国会で伝達していますよ。
ほとんどメッセンジャーです。

(1)対日外交で優位に立ち、主導権を握る時に韓国側がよく利用するフレーズが続きます。
>過去の不幸だった韓日関係を清算し
絶対に終らない「清算」を永遠に要求し続けている わけです。
1965年に、韓国側もはっきりと「戦後処理は完全かつ最終的に解決された」と認めているにもかかわらず・・・


>さらに発展的な韓日関係を持続
このフレーズもよく利用されます。いわゆるニンジンです。
「日韓友好促進」と同義語です。

本当に、日本外交というのは受身です。
相手の“要求を聞いてあげて”“不平を鎮める”。
“仲良くする”ことが外交であると勘違い している日本外交関係者は 
「日韓友好促進」というニンジンをぶら下げられると、
ニンジンを手に入れるために、大事な要点に目をつぶってしまいがちです。
…実は 韓国側の狙いというのは、日本が目をつぶってしまうまさにその要点を掠め取ることなんですがね…

(2)
1965年に「日韓基本条約」と「文化財・文化協定」において、既に日韓間で取り決めたことに一切言及していないところに悪意を感じますね。
ほとんど詐欺と言えるでしょう。不誠実極まりない要求。


>
原産地返還というユネスコの精神に立って
過去に自分達が取り決めたことは無視して「ユネスコの精神」だけを持ち出してて一方的に要求を押し付けてくる。非礼にも程がある。
「日韓文化財・文化協定の精神に立って対応します」とやり返してほしいものです。

そもそも「ユネスコ協約」では
1970年以前の略奪文化財には溯及適用されない
となっているにも関わらず…
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=128037&servcode=A00
(この協約すらも邪魔なので、韓国は修正しようとしている…)

これでわかることは、
韓国との約束事は全く信用できない。たいてい後々反故にされ、ないがしろにされるということ。


この日本共産党の売国議員の発言に対して
当時国務大臣だった麻生太郎さんはどう対応したでしょうか・・・

○国務大臣(麻生太郎君) 
基本は今申し上げたとおりでありまして、条約は既に締結をしておりますから、
政府として韓国に対して
文化財を引き渡す法的義務は全く負っていない、
これだけははっきりした上でどうするかという話だろうと存じますので。

最近に起きた例でいえば、例の北関大捷碑の話があるんだと思いますが、
日露戦争のときに持って帰ってきたと言われておりますものが靖国神社に保管されていたあの件ですけれども、
あれは昨年、一昨年でしたか、今年平成十九年か、じゃ一昨年、一昨年の平成十七年の十月に靖国神社と韓国政府との間でいわゆる合意に基づいて引渡しが行われたということであって、
肝心なことは、返還ではなく引渡しが行われたというところが一番肝心なところだと存じます。(3)

(3)
麻生さん、事の要点がわかってらっしゃいますね。
韓国側の悪意。韓国側の悪辣な狙いというものが見えている

>
返還ではなく引渡しが行われたというところが一番肝心
なぜ肝心なのか…
それが「日韓併合不法論」に直結した話であり、引渡しでなくて「返還」とされると、1965年の「日韓基本条約」の合意も否定されて、賠償金請求の言い掛かりをつけられる道筋をつけてしまう 可能性があるからです。
※(詳細は前記事で確認を)

続いて

○緒方靖夫君 
やっぱり日韓基本条約以降も日韓の友好のためにそういうことが行われてきたと、そして日本政府の側からも友好的な対応ということを考慮してきたという、そういう経過があるわけですよね。
それに対して、やはり韓国の側もそれに対してこたえてきていると。例えば、韓国の国会決議は、大韓民国国会は日本が最近我が国に返還した北関大捷碑や朝鮮王朝実録などの事実で見せた精神を高く評価すると(4)
こういうふうに述べているわけですね。
(中略)
日本政府が韓日両国の友好関係を発展させるために(5)具体的な対応を行うようにと求めているわけですね。
(中略)
やはりそういうこともすべて考慮して、やはり外務大臣としてこういう問題に対して、こういう先方の要望に対してはやはり前向きに物事を解決する方向で、(6)
言葉は本当にどうでもいいです、引渡しでも何でもいいですけれども、(7)
要するに物が向こうに移るという、そういうことが実現することが大事ではないかと思う(8)んですけれども、
最後にそのことを、大臣のお考えをお伺いして、質問を終わりたいと思います。

(4)
日本が最近我が国に返還した北関大捷碑や朝鮮王朝実録などの事実で見せた精神を高く評価する

どんだけ上から目線なんだよ!
ニンジンにつられて受身な外交をするから、こうしてナメられてるんでしょうね。

(5)
韓日両国の友好関係を…
 日韓両国と言い換えてほしいですね。伝聞とはいえ…どちらに立場を置いているんでしょうか???

 
友好関係を発展させるために…
またまた出ました。繰り返しますが、このフレーズはニンジンです。罠なんですよ。
 
(6)
>先方の要望に対してはやはり前向きに物事を解決する方向で
韓国側の要求は全て応えなければならない、と言ってますよ

(8)
要するに物が向こうに移るという、そういうことが実現することが大事ではないかと思う

韓国側の真の狙い をズバリと言ってしまいましたね
 
前記事でも書きましたとおり
「文化財ではなくて「物が渡る」という行動そのもの」が狙い

 文化財を韓国側に引き渡せば 
        ↓
 韓国側では「返還された」と喧伝
  →返還=略奪品であると日本は認めた
  →略奪品=併合が不法であったと日本は認めた

つまり(7)言葉は本当にどうでもいい
物が向こうに移る…ことが大事
ということになるのです。

対して麻生さんは…

○国務大臣(麻生太郎君) 
今の朝鮮王朝実録はこれは靖国じゃなくて東大だったと思いますんですが、
こっちは東大、それからその前は靖国神社と。
片っ方は宗教法人、片っ方は大学法人ですから、いずれもこれは政府が直接関与しているわけではないというところでありますので、
返せとかなんとか言う立場にないということだけははっきりしていると存じます。
その上で、こういった今みたいな御意見があるということは私どもとして尊重しておくべきところだと存じます。

見事一蹴。門前払いです。


文化財引渡し問題に対しては、麻生さんの対応が正しいです。
約束事を守らないで、一方的に不条理な要求をしてくる悪意のある国に対しては
門前払いをするに限るのです。

それにしても、この手口
悪意のある目的を隠した上で、表向きでは「日韓友好促進」を標榜。
電通主導で作られる昨今の「韓流ブーム」とそっくり です

共産党議員の売国スパイぶりは凄まじいが…
そのとおりにやってしまおうとしている今の民主党政権の売国ぶりはもっと恐ろしいですよ。

←応援クリックよろしく!
>>続きます>>

コメント
「麻生政権の功績」「2分で分かる麻生内閣の実績」で検索していただければわかると思いますが、麻生さん・安倍晋三さんしかいないでしょう。中川昭一さんが亡くなったのは残念です。
  • by どきどき
  • 2011/02/09 8:56 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL