「ディスカウントジャパン運動」に関する記事は、後半にあります。

IZAの阿比留記者のブログより
「実録・慰安婦問題に対する韓国の言論封殺 」より
(略)
 今から10年ちょっと前のことです。私は都内で開かれていたあるシンポジウムを取材していて、日本で暮らすある韓国人(仮にAさんとします)が、会場で次のように語るのを聞き、ごく何気なく記事の一部で紹介しました。
(略)
《「私は強烈な反日教育を受けた世代で、日本人がどんなにひどいことをしたかという本をたくさん読んだが、『従軍慰安婦』という言葉は聞いたことがなかった。貧困家庭の親が娘を(遊郭などに)売ったという話は少しは聞いたが、強制連行の話などなかった」
 「日本のいわゆる進歩派の人と話すと、あまり勉強しておらず、韓国のことも分かっていない。(略)教科書に慰安婦を記述する気持ちが分からない」》

 そして、記事が出て1週間ぐらいたったころだったか、夜遅く、自宅の電話が鳴りました。だれからかと思ったら、Aさんから相談を受けたという私の知人が、心配そうにこう言いました。
 「産経の記事をきっかけに、Aさんの韓国の実家や、故郷の友人宅が韓国国家安全企画部(現・国家情報院)から嫌がらせの家宅捜索を受けている。別に改めて聞くこともないだろうに、わざわざAさんの友人、知人をしらみつぶしに訪ねてしつこく『Aとはどんな人間か』などと聞いて回っている。どうしたらいいだろうか」

(略)
 韓国人自身の口から、慰安婦の強制連行などなかったという「事実」の証言が飛び出すことは、国家意思として阻止し、なかったことにしなければならないほど重大な「秘密」だとでも言うのでしょうか。
(略)
きょう、数年ぶりに話したAさんは
「ここ1、2年で韓国は言論封鎖は強まった。日韓関係について、韓国ではまともな言論はない。日韓関係の実情を知る人は、今はだれも発言できないようになっている。こうい中では、日本に対する客観的認識が生まれてこない」と話していました。
 
米地方教育当局、「ヨーコの話」教材使用中止を決定
「ヨーコの話」の歴史歪曲論議が浮上した後、米国の一部の私立学校とニューヨークのある公立学校がこの本の教材使用を中断したことはあるが、教育当局レベルでこうした決定が下されたのは今回が初めて。
米国の首都ワシントンDCと隣接したモンゴメリーカウンティでは区域内34の中学校の相当数が「ヨーコの話」を教材として採択してきた。
カウンティ教育委員会側は、韓国人保護者と駐米大使館側がこの本の問題点を指摘しながら教材使用の中断を要請したことを受け、検討作業と内部協議を行ってきた結果、薦図書目録から削除することを決定した
この本の教材使用中断運動に率先してきた首都圏メリーランド韓国人会のジュン・ユン副会長 は「こうした決定が出てきてうれしい。最初の一歩を踏み出しただけに、今後は他の地域でも 『ヨーコの話』が教材として使用されないよう積極的に努力していく」と語った。
日本人団体や日本政府ももっと積極的に動いてくれよ。
「ヨーコの話」が真実を元にしていることをもっと強く訴えるべきだ。
戦中戦後、日本国内で暴虐の限りを尽くしてきた朝鮮人の行為については、多くの記録とが残されているのだから。
こっちが真実
↓↓↓
戦後朝鮮人は何をしたのか
日本擁護のローラバッカー議員、韓国人に叩かれて立場翻す
上記の出来事には共通する単純な現象が見られます。
記録がある理性的な対応を取っている側の主張が通らなくて
大声で騒いで暴力的に抗議しているだけの側の主張が通っている、という点です。

なぜ記録つきの「真実」が「歪曲」とされ
記録も無いデタラメな話が通ってしまうのか?
積極性」というもので、単純に力負けしているのです。

結局「反日」を形成し支えているものは、こういう単純なものだということがよくわかり
早い話「恫喝」「脅迫」。それに屈して「真実」が隠蔽され、「捏造」が流布されている。
単純に「論より抗議」の「暴力」に屈しているのです。

日本人が「大人の対応」を気取って、他人の善意や理性に期待しすぎている、というのも原因。
悲しいかな、金出した方が勝つ、声が大きい者が勝つ、という単純な原理がまだまだ世界を支配しているのですね。

私達は、アメリカのマスコミや議会というものは
もっと民主的・理知的で成熟されたものだと思い込んでいたフシがあったのではないでしょうか?
原始的な金と暴力で、そのスキを、反日国家にまんまと突かれてしまった、といえるでしょう。
善隣思想でやってきた外交が
完全に根底から否定されたという「現実」に直面した訳です。
「世界」はまだまだ成熟してない。それどころか、非常に原始的な原理で動いているということを思い知る一連の出来事です。

真実は、積極的に訴え続けないと伝わらないということを
これからの日本人は肝に銘じ、実践していくしかない、ということです。
積極的自己表現とか力ずくの抗議とか
一番日本人が苦手としていることですが、それをやらないと世界では通用しないのです。

とてつもないムダ遣いを垂れ流し続けている日本なのですから、金がまだ余っているのは事実。
海外でのロビー活動やマスコミ広報対策、
思い切って、理性的な話が通じる議員やジャーナリストの身辺警護だってやるべき。
そういうことには、どんどん金と人員を使っていただきたい。それなら何の文句もありません。外交予算=国防予算として考えて、もっと増額すべきだと思います。

記録があっても、筋が通っていても、「大きな声」で「力ずく」で訴えないと伝わらない、というのが世界基準であることがよ〜くわかりました。
とりあえず阿比留記者の記事の補足情報をアップしておきます。
●「植民地時代は韓国にとって祝福」…21の親日サイトを摘発

●「ディスカウント・ジャパン運動」
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=021&article_id=0000101411§ion_id=102&menu_id=102 (リンク切れ)

[文化日報 2005-03-25 13:14]
(::歴史歪曲真実全世界広報::) 全世界インターネットウェブサイトと教科書, 出版物などを対象で韓国役買って歪曲部分を直して来たサイバー外交使節団 ‘バンク’が国際社会で日本の地位を墜落させることを目標にする ‘ディスカウントジャパン’ 運動に出ると宣言した.

バンクは 25日日本の歴史歪曲事例全般を体系的に整理して三つの係州です言論と学校, 機関などに伝達することで
日本が試みる歴史歪曲の本質を知らせて,国際社会での日本位相墜落などを誘導するディスカウントジャパン運動を来る 4月から始めると明らかにした.

今までは独島や東海の名称問題, 高句麗歴史歪曲のような特定分野の歪曲事例を直すのに力を注いで来たが,
日本義歴史歪曲全般と本質を知らせることでより積極的に日本のミリタリズム化などに対応して行くということがディスカウントジャパン運動義目標とバンクツックは明らかにした.


バンクツックは “日本の歴史歪曲や独島領有権主張が単純に韓国と日本両国の問題ではなく,
世界平和に深刻な脅威になることができるという点を全世界に知らせようということが正しくディスカウントジャパン運動”と説明した.

韓国で最も有名な日本人、韓国を追われる
【外信コラム】 ソウルからヨボセヨ 韓国を去った人
 近年、韓国で最も有名な日本人だった水野俊平さん(38)がこのほど韓国を去った。彼は韓国生活十六年、南部の全羅南道・光州市にある全南大学で十年以上、日本語の先生を 勤め、全羅道なまりの韓国語を駆使してテレビのバラエティー番組などで活躍し人気者になった。ラーメンなどテレビのコマーシャルにまで起用されていたから、韓国では知らない人はいない有名日本人だった。
 韓国を去る理由は韓国社会の“反日”である。彼は日本で何冊かの本を出版しているが、 そのなかの韓国批判がケシカランというのだ。とくに歴史教科書問題での韓国側の日本非 難に対し、逆に韓国における「歴史歪曲(わいきょく)」を詳細に指摘した「韓国人の日本偽史」 (小学館文庫)などがヤリ玉にあがり、「親韓の裏で反韓をやっている裏切り者!」と非難を浴びせられるようになった。とくに彼をもてはやしたテレビが一転して「“極右ミズノ”の正体を暴く!」などと非難に回った。
 結局、長年いた大学まで“追われ”たため、これを潮時に故郷の北海道に戻り北海商科大教授になった。夫人は韓国人で子供は三人。「韓国では多くのモノを得ました」といつもの笑顔だったが、国際化を言っている韓国社会の依然、残念な断面である。(黒田勝弘)
▽ソース:産経新聞 2006年3月18日付 5面
 
●親日作家“袋だたき” 韓国で相次ぎ起訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040805-00000003-san-pol
(リンク切れ)
【ソウル=黒田勝弘】日本でのベストセラー『親日派のための弁明』の著者、金完燮(キムワンソプ)氏(四〇)が韓国で相次いで起訴されるなど“袋だたき”に遭っている。独立運動家など歴史上の人物に対する名誉棄損を理由にした刑事裁判二件、民事裁判一件で法廷に立たされているが、損害賠償の民事訴訟では、教科書問題で新しい歴史教科書つぶしに積極的に動いている日本の左派系運動団体も原告団に加わり、関心を集めている。

 韓国では日本との過去の歴史については「異論は認めない」という雰囲気が依然、強く、韓国の公式史観に挑戦している金完燮氏に対しても民族主義団体の執拗(しつよう)な攻撃に加え、検察当局まで処罰に乗り出している。

 ソウル高検はこのほど金氏に対し、民族主義者として人気のある歴史上の人物、金九(一八七六−一九四九年)の名誉を傷つけたとして刑法の「死者に対する名誉棄損」罪で起訴した。

 これは金氏が昨年十一月、国会の「親日・反民族行為糾明特別法案」の公聴会に招かれた際、金九の過去について「無関係の日本人を殺害し中国に逃亡した人物」などと批判的に述べたことが名誉棄損にあたるとして、刑事罰を求めるものだ。

 この件は金九の子孫からの告訴を受けてのものだが、先にソウル地検は「嫌疑なし」として、いったんは告訴を退けている。地検が不起訴にしたものを高検が職権であらためて起訴するのは異例で、検察上部の処罰への強い意志を感じさせる。
 


←よろしければポチっと

●「本当の日本」どう映す(ネット上のソースなし)
朝日新聞(8月6日付朝刊)
 ソウル市中心部から地下鉄で1時間足らずのベッドタウン、果川市に住む高校三年生の辺さん(17)は「超優秀外交官」である。
 もちろん政府の正式な外交官ではない。民間組織「サイバー外交使節団・バンク」に所属する。
 「日本海」の表記を「東海」に「竹島」は「独島」に。国際機構や世界各国の著名なメディアのHPの表記にある「誤り」を見つけて抗議し、韓国で「正しい」とされる言葉に「訂正」を求める。
 「国のために何が出来るかを考え、入りました」と辺さんは言う。
将来の目標は、本物の外交官になることだ。
 中学生までは日本に否定的なイメージを持っていた。活動を始めネットで日本を知るようになり、いかに礼儀正しく、他人と調和をうまく取る国民かを知ったという。
 「ただ、他国を傷つける政治家の行動について関心が無いのが不思議です。私たちは何が客観的事実かを知り、その事実を世界に広めたいだけ」
 そんな10代の素朴な思いが、世論を、国を動かす活動になっている。

 運動の創始者で、バンク代表の朴起台(パク キテ)さん(31)は「私たちサイバー外交官は世界の隅々まで活動を広げ、外交官以上に現実的な活動をしている」と自負する。
 会員は国内1万5千人、海外3500人で、毎月約500人ずつ増える。7割が高校生以下だ。
政府傘下のあるシンクタンクは、資料づくりのための資金援助の形などで、国が間接的に支援していることを認める。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ←こちらもよろしく
 
コメント
竹島の不法占拠や日本海呼称問題も同じ構造ですね
おとなしく静観、真実は勝つ、記録があるから大丈夫、などとタカくくっている日本人にスキがあるということも一つの現実
「じっとしてたら盗まれる。黙っていたら嘘が定着する。」
それが世界というものですね
  • by yui
  • 2007/04/02 7:57 PM
朝鮮半島は38度線で南北に分断されており、そこのすぐ北側の北朝鮮の領土に開城(ケソン)と言う街がある。
開城工業地区(ケソンこうぎょうちく)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)南部の開城市郊外にある経済特別区で北朝鮮のアカの連中が作った地域だ。
韓国製品が開城工業地区で生産された部品を
使っているとすると、
それは、北朝鮮の核ミサイル開発資金となっている。
韓国製品はとても危ない。
  • by Faucon
  • 2013/01/09 1:05 AM
韓国を経済的に崩壊さすしかないであろう。
二度と立ち上がれない様に、息の根を止めて、
「ナ〜ンも言えね」状態にしてゆっくり料理すれば良い。
そんな時、必ず売国議員がしゃしゃり出て金を出さす。
反日、嫌韓もっと高まれば、それもできなくなるかも。

  • by 嫌韓派
  • 2014/11/24 9:31 PM
コメントする
トラックバック
参考までに米軍が作成した慰安婦に関する当時の資料貼っときます。(長文失礼)http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.htmlと言っても原文なんか読めないので訳文を転載します。http://resistance333.web.fc2.com/html/comfort_woman2.
  • 右派社民党公式ブログ
  • 2007/04/03 8:19 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/04 9:26 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/28 3:46 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/17 11:04 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/13 2:56 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/08/20 7:49 PM
この記事のトラックバックURL